宝塚フェローシップ教会

Takarazuka Fellowship Church        English

トップページ

牧師あいさつ

最新情報

アクセス

お問い合せ

教会の方針と信条


教会の方針と信条
教会の方針
この教会はW.I.F.Eを通して神様の栄光をあらわしたいと願っています。 W.I.F.Eとは、礼拝(Worship), 学び(Instruction), 交わり(Fellowship), 伝道(Evangelism)のことで、イエス様の妻である教会を英語の頭文字で表しています。

教会の信条
この教会は下記の事を信じています。
1.三位一体の神
2.イエスキリストは真の神であり、真の人である。
3.人は罪を持って生まれる。(原罪)
4.イエスキリストの贖罪の死と復活
5.イエスキリスト以外の救いの道はなく、信じることによってのみ救われる。
6.イエスキリストの再臨
7.聖書の権威と無誤性。

説明
1.三位一体
神様は永遠に父なる神、御子なる神、聖霊なる神であり、それでいて一人(唯一)である方です。(マタイ28:18-19、マルコ12:29、ヨハネ1:14、使徒5:3-4、第二コリント13:13、ヘブル1:1-3、黙示1:4-6)

2.イエスキリストは真の神であり真の人である。
イエスキリスト(御子なる神)は神の現れで預言されていたとおり、贖罪のため人として体をもって処女から生まれた(受肉)、無原罪の真の神で真の人です。(ルカ1:30-35、2:40、ヨハネ1:1-2、1:18、3:16、ピリピ2:5-8、ヘブル4:15)

3.人は罪を持って生まれる(原罪)
神は人を罪のない神のかたちに造られましたが、初めの人であるアダムとエバが悪魔に欺かれ罪を犯したので人は生まれたときから罪のある者となりました(原罪)。 (創世記1:26、2:17、6:5、詩編14:1-3、51:5、エレミヤ17:9、ヨハネ3:6、5:40、6:35、ローマ3:10-19、8:6-7、エペソ2:1-3、第一テモテ5:6、第一ヨハネ3:8)

4.イエスキリストの贖罪の死と復活。
イエスキリスト(御子なる神)は父なる神の御心に従い、みずから罪過のいけにえになられました。(ヨハネ1:29、3:16、ローマ3:25-16、第二コリント5:14、ヘブル10:5-14、第一ペテロ3:18) そしてイエスキリストは肉のからだをもって復活されました。(ヨハネ20:20、ピリピ3:20-21)

5.イエスキリスト以外に救いの道はなく、信じることによってのみ救われる。
罪の代価は死であり、神でありしかも人であるイエスキリストしか、人の罪の身代わりとして贖罪の死を遂げることはできない。(レビ記17:11、イザヤ64:6、マタイ26:28、ヨハネ3:7-18、ローマ5:6-9、6:23、第二コリント5:21、ガリラヤ3:13、6:15、エペソ1:7、ピリピ3:4-9、テトス3:5、ヤコブ1:18、第一ペテロ1:18-19、1:23) そしてイエスキリスト(贖罪のために死に、復活されたこと)を信じる事によってのみ救われます(永遠の命が得られる)。(ヨハネ1:12、3:16-18、3:36、5:24、6:29、使徒13:39、16:31、ローマ1:16-17、3:22、3:26、4:5、10:4、10:9、第一コリント15:1-5、ガラテヤ3:22)

6.イエスキリストの再臨
聖書の預言によるとイエスキリストはやがて空中再臨されて信者(教会)を天に引き上げられます(携挙)。(ヨハネ14:1-3、第一コリント15:51-52、ピリピ3:20、第一テサロニケ4:13-18、テトス2:11-14)。その後、地では大患難がありイエスキリストが地上再臨されて千年王国が始まります。(申命記30:1-10、イザヤ11:9、エゼキエル37:21-28、マタイ24:15-25:46、使徒15:16-17、ローマ8:19-23、11:25-27、第一テモテ4:1-3、第二テモテ3:1-5、黙示20:1-3)

7.聖書の権威と無誤性
聖書はすべて神の霊感によるもので、聖霊によって動かされた人が書いた原文において間違いのない神の言葉です。(マルコ12:26、36、13:11、ルカ24:27、ヨハネ5:39、使徒1:16、17:2-3、18:28、第二テモテ3:16、第二ペテロ1:21)






宝塚フェローシップ教会
Takarazuka Fellowship Church.
www.tfc-church.com

牧師:東 研二 (ヒガシ ケンジ)
Tel: 090-5466-5166
kenjihigashi@tfc-church.com